HUPに入学された方へ

更新日:2021年8月12日

​HUP生の方へこの度、ご入学おめでとうございます。今回、HUP運営委員より皆様に3つお願いがございます。


◇1つ目


HUP学生に国際的な舞台での活躍を目指してほしいという思いから、どうか英語学習を学習だけで終わらせないでください。生涯に1度は海外旅行でもなんでも海外の生活や雰囲気を、日本にはない何かを、”肌で感じて経験してほしい”と思っています。

それは、「皆さんの将来の舞台は世界」島国を抜け出し、一度は世界の本当の広さを知って活躍してほしいからです。私も日本で義務教育を受け、日本の常識を学んで海外にでました。けどアインシュタインがいう『常識とは十八歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう。』この言葉を、本当の意味で理解したのは海外の文化に触れたときでした。私がサラリーマン時代の働きっぷりを海外でも同じようにしていたら・・なんの為にそんな残業して働いて、なんでそんな自分を犠牲にするの?って海外の友達に聞かれました。その時は流石に何も言い返せませんでした。汗これぐらいが普通と思っていた内容が彼らからは「やりすぎ」に見えたのでしょう。

この時、私の常識が一つ変わった瞬間でした。海外に旅立って、海外からみた日本はとても小さく見えました。同時に世界はとても広いと実感したのです。因みに知っていますか?世界には「過労死」という言葉は存在しません。日本で生まれた日本にしかない言葉なのです。私が紹介したのは仕事面だけですが生活面から何まで、根本的な考え方や意識の変化が起きるきっかけが「海外」にはあります。なので、あなたの将来を豊かにする為に、知見を広げる為に「世界をもっと知りましょう」その最初のステップで英語学習から着手し、少しずつ意味を理解することから、少しずつ頑張っていきましょう!




◇2つ目


英語学習にハマってください。

これは、ゲームにハマる感覚と同じイメージを指します。そうすれば英語学習が苦にならず長くモチベーションを維持し続けられるからです。では、どうすればハマることができるのかポイントを3点ご紹介します。


  1. 好きなことをする

  2. 成長を実感する

  3. ゴールを明確にする


RPGゲームに置き換えると、、

みんなドラゴンクエストの世界観が好き。レベルを上げて仲間を増やして成長を実感する。世界を救うという明確なゴールがある


という理屈からみんなゲームにハマるのです。なので、英語学習に置き換えても授業内容を自身でアレンジしたり先生に質問や要求をして自分に合った楽しいクラスを先生と一緒に作ることです。先生側からの片想いだけではあなたにとっても質の良い授業とは言えないと思います。これは学生時代、好きだった先生の科目が得意になる現象を経験したことはありませんか?そうして作り上げたオリジナルの授業を、ぜひ楽しんでください。

そして次に成長を実感する部分ですが、これは「オンライン学習以外でもアウトプットする機会を作ること」です。できれば、目に見えて形に残るものが好ましいです。またアウトプットは記憶定着に効果抜群なので、できれば必ず行なってください。方法としては、ブログやNOTE、TwitterからInstagramでも無料SNSを使って残すことをおすすめします。勉強用アカウントを作っていつでも見られるようにすると辿ってきた道のりが見返せるので成長を感じる事もできて、復習する際にも便利です。要らなくなればすぐ消せるので利用しない手はありません。

そして最後はゴールを決めてください。特に英語学習にとって一番需要です。なぜなら英語学習自体に終わりがなく、果てしない道のりだからです。あなたはゴールのないマラソンをひたすら走れますか?私は走れません。なので必ず、3km、10km、といった形でできれば細かく目標設定をしてください。英語学習で例えるなら、「思った疑問を全部英文で質問できるようなるまで」「テストで○○点以上取るまで」「自分の生い立ちを10分間語れる様になるまで」など、できる限り具体的に設定してみてください。



以上のことを実施すれば、英語学習にハマることができます。




◇3つ目


HUP卒業後、いつでもお気軽にご連絡ください。このHUP英会話サービスはあなたにとって、「大義を成すための、通過点」でしかありません。そんな卒業生から卒業後どうなられたか、何をしているか聞かされることは何よりの褒美でございます。「海外に移住しました」「友達が沢山できました」「無事合格できました」些細な事でもご連絡いただけたら幸いです。職員一同、心よりお待ちしております。



以上のことが、HUP運営委員から3つのお願いでした。




以上


HUP運営委員より


閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示